【FileZilla】XserverのWordPressで無料FTPソフトの使い方

WordPressのカスタマイズは管理画面でできます。
しかし、FTPソフトを使うと更に様々な事ができたり、効率的にできたりします。

例えば、サーバー内のファイルをパソコンにダウンロードできます。
画像だけではないので、カスタマイズ前のファイルのバックアップのためにダウンロードができます。
管理画面でカスタマイズしていて、突然画面が真っ白になった場合に役立ちます。

逆にパソコン内のファイルをサーバーにアップロードもできます。
管理画面のテーマエディターで編集ができますが、使い勝手悪いです。
そこで、パソコンに便利なエディター(ATOMやVScode)などで編集してアップロードする事ができます。

そんなFTPソフトの中から、WindowsMacのどちらにも対応している無料FTPソフト「FileZilla(ファイルジラ)」を紹介します。

FileZilla」のダウンロード

FileZillaの公式サイトからではなく、ダウンロードします。
今回はwindows64bit版を選びます。(○○.exeをクリック)

自分のパソコンが32bit64bitかが分からない人は、

画面右下windowsマークを右クリック ≫ システム(Y) ≫ システムの種類で確認出来ます。

Download FileZilla Client」をクリックします。

プランは「FileZilla」の「Download」をクリックします。

これで、FileZillaのダウンロードは完了です。

FileZilla」のインストール

ダウンロードしたexeファイルをクリックしてインストールを始めます。

許可を求めてくるので「はい」をクリックします。

利用規約が表示されています。「I Agree」をクリックします。

共有してパソコンを使っている場合、他のユーザーも使えるようにするかです。
他の人が使わない場合「Only for me」を選んで「Next」をクリックします。

日本語化ファイルなどをインストールするかを聞かれます。
そのまま「Next」をクリックします。

保存場所です。そのまま「Next」をクリックします。

Install」をクリックします。

このあと自動でFilezillaが起動するように「Start FilaZilla now」にチェックを入れて、「Finish」をクリックします。

これで、FileZillaのインストールは完了です。

FileZilla」の設定手順

インストールが完了したらFileZillaが起動しているのですが、Xserverと接続するので先に情報を確認しておきます。
サーバーパネルにログイン ≫ サブFTPアカウント設定 ≫ ドメイン選択 ≫ 「FTPソフト設定」タブで設定内容が必要になります。

FileZillaに戻り、画面左上のアイコン「サイトマネージャー」を開く ≫ 「新しいサイト」 ≫ 好きな名前を入力します。

右側の設定を入力します。

プロトコルFTP-ファイル転送プロトコル
ホストXserverの「FTPサーバー(ホスト)名
暗号化明示的なFTP over TLSが必要
ログオンタイプ通常
ユーザーXserverの「 ユーザー名(アカウント名)
パスワードXserverの「パスワード

完了したら「接続」をクリックします。

証明書を信用するか聞かれる事があります。
今後もこの証明書を常に信用する」にチェックを入れます。

完了したら「OK」をクリックします。

Filezilla」の画面確認

「FileZilla」の画面は左がパソコン、右がサーバーになっています。

左から右にドラッグ&トロップで「パソコン」から「サーバー」にアップロードします。

右から左にドラッグ&トロップで「サーバー」から「パソコン」にダウンロードします。

以上でXserverとfilezillaの接続完了です。

お疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です