【Vagrant】boxを複製して使用や共有する方法

今回は仮想環境のVagrantのboxを複製して使用や共有する方法を紹介します。

Vagrantのboxを作成

複製したいboxがあるディレクトリ(vagrant up しているところ)で下記を実行します。

$ vagrant package

boxに名前を指定したい場合は下記で実行します。

$ vagrant package マシンの名前(初期名は「default 」) --output 任意の名前.box

マシンの名前は下記を実行すると確認出来ます。

$ vagrant status

今回は「sample.box」というboxの名前にします。

$ vagrant package default --output sample.box

新しいローカル環境の作成

新しいローカル環境を構築したいディレクトリを作成して、作成した「sample.box」を移動します。

Vagrantfileの初期設定も同じにする場合は、Vagrantfileを新しいディレクトリに複製します。

新しいディレクトリのVagrantfileでbox名を変更します。

Vagrant.configure("2") do |config|
  # The most common configuration options are documented and commented below.
  # For a complete reference, please see the online documentation at
  # https://docs.vagrantup.com.

  # Every Vagrant development environment requires a box. You can search for
  # boxes at https://vagrantcloud.com/search.
  config.vm.box = "sample"  #ここを変更

今回はconfig.vm.box = “sample” にしました。

次にboxをVagrantに追加します。

$ vagrant box add Vagrantfileのbox名 .boxのファイル名
$ vagrant box add sample sample.box

新しく作ったディレクトリで下記を実行します。

$ vagrant up

Vagrantの起動確認

無事にVagrantが起動しているかを確認するため、下記を実行します。

$ vagtant status

次のように表示されていれば起動しています。

default                   poweroff (virtualbox)

以上で、Vagrantのboxを複製して使用や共有の完了です。

お疲れさまでした!

参考サイト:VagrantのBOXを「複製&配布して他人と共有する」方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です